フライゴナイトはあります

メガシンカしたい

シーズン102000届かなかった構築

USUMシーズン10

最高レート1970

 

構築は前期とほぼ一緒

http://purafly.hatenablog.com/entry/2018/05/15/130714

 

f:id:puraFLY:20180710120414p:image

 

リザードンの性格を臆病にした

準速100属に合わせてるマンダがいたことや、ガルーラに上を取られたくなかったこと、最速ランドの上を取りたかったことが変えた理由。

また、命中不安定が嫌でだいもんじかえんほうしゃにしたこともあったが、カビゴンやポリ2などの耐久型に半分入れられないことがあったり、無振り以外のミミッキュを倒せないことからだいもんじにした。

 

ホルードのがむしゃら⇔冷凍パンチ

メインウェポンや裏のポケモンで足りることが多く、耐久型を強引に突破するためのがむしゃらが必要と感じることが少なかったので、意外と後出しされるランドの起点阻止の目的で最終日だけがむしゃらを冷凍パンチにした。結局必要だった機会は少なかった。

 

フライゴンの必要性

まず電気に圧力をかけていくために必要。ガブではじめんの通りが良くなることや、とんぼがえりで対面操作していきたいことがあったので、やはりフライゴン。ランドではゲッコウガに舐められるので、やはりフライゴン。こちらには逆鱗があるのでドラゴンを一貫させて掃除することもできる。

スカーフフライゴンを警戒されているのかアーゴヨンがレヒレ向かって流星群を放ってくることが割とあった。貴様はどうしたかって?いたらフライゴン投げますよ。いたらね(選出率6位)。

 

・初手

ヒレが上取れればアドとれることが多い。逆に上とれないと負けに繋がりやすい。先発見極めていくところ大事だと思った。でも先発なんて読めなかった。

 

もともとは補助技をできるだけ使わない・使わせない戦い、メインウェポン命中安定、半分くらい勝てる構築を目指していた。妥協した部分はあるもののいい構築ができたと思っている。

【USUM・S9使用構築】レヒレホルード?【最終2000】

S9お疲れ様でした。今期、USUMで初のレート2000を達成したので久々に記事書きます。

f:id:puraFLY:20180514224750p:image

 

構築経緯

フライゴン

②補助技はあまり好きではなかったので、ほぼフルアタで耐久型への対抗手段を持つポケモンを集めた。Z枠として、相手依存が少なく扱いやすいカプZ使いたかったのでカプ・レヒレ、高火力でタスキがむしゃら先制技が使えるホルード、受けポケモンも突破できる高火力を持つ特殊アタッカーメガリザードンY

メタグロスカミツルギへの対抗策としてギルガルド

カビゴンジャローダウルガモス、(グライオン)、(ボーマンダ)への対抗策として、またメガリザ1点読みを避けるため、メガバシャーモ

 

 

個別紹介

 

f:id:puraFLY:20180510000923g:image

フライゴン

性格:いじっぱり

持ち物:こだわりスカーフ

ステータス:155-167-100-**-101-152

技:じしん/げきりん/いわなだれ/とんぼがえり

ストーリーからの相棒枠。相手のパーティに高速なポケモンが多く通りが良さそうなとき選出した。ガルガブアローの減少、アーゴヨンやカプ・コケコなどの高速アタッカーの増加により動きやすくなったと考えられる。ランドでいい枠だけどゲッコウガの相手をすることが多かったので手裏剣考えるとこれでよかったのかなとも思う(言い聞かせてる)。性格と持ち物はbw時代からの拘り。

体感選出率6位

 

 

f:id:puraFLY:20180510002156p:image

バシャーモ

性格:いじっぱり

持ち物:バシャーモナイト

ステータス:155-233-100-135-101-152(155-189-90-117-91-132)

技:フレアドライブ/とびひざげり/めざめるパワー(氷)/まもる

グライオンボーマンダランドロスに受けられたくなかったことからめざ氷を採用した。対戦ではまもるの隙を見せたくなかったので、できるだけ遅いポケモンを倒すタイミングで加速できるように心がけた。

体感選出率3位

 

 

f:id:puraFLY:20180510220806g:image

ホルード

性格:いじっぱり

持ち物:きあいのタスキ

ステータス:161-118-97-**-97-130

技:おんがえし/じしん/がむしゃら/でんこうせっか

特性により実質A種族値は163。等倍で十分な火力が出る上、がむしゃらもあるので対面性能が高く、タスキで強引に1:1を制したり、掃除屋になったり、ストッパーになったり、色々やってくれた。愛称はゆきまる。

体感選出率1位

 

 

f:id:puraFLY:20180510222315g:image

カプ・レヒレ

性格:おくびょう

持ち物:カプZ

ステータス:175-**-135-119-150-149

技:ムーンフォース/しおみず/ちょうはつ/しぜんのいかり

1発は耐える耐久を武器に無差別に3/4削っていくことができるので初手に出すことが多かった。回復させなければだいたい2ターンで倒してくれる。最速にすることで挑発で80属周辺の舞を防いだ。また、受けループ攻略の最前線にも立ってもらった。さらに、すばやさの勝ち負けでリザードンバシャーモを出すか決めたり、型判別もした。電気タイプにはフライゴンホルードが圧力をかけた。パーティの中心的存在。まさに船長。PGLの敬礼レヒレいいよね。初手挨拶(ガーディアン・デ・アローラ)。

体感選出率1位

 

 

f:id:puraFLY:20180510225244g:image

性格:ひかえめ

持ち物:リザードナイトY

ステータス:153-111-99-232-135-152(153-93-99-177-105-152)

技:だいもんじ/ソーラービーム/めざめるパワー氷/ニトロチャージ

だいもんじの威力が半端ない。ニトロチャージで倒しつつ積んでから裏と対面することや、できる限りメガ進化をせずに倒してX疑惑を持たせるように心がけた。めざ電や竜波も使ったが、ミストフィールドとの相性、マンダや水タイプとの遭遇回数からこの技構成になった。Fire Blastで何度もピンチから流れを変えてくれた。

体感選出率3位

 

 

f:id:puraFLY:20180510232700g:image

ギルガルド

性格:のんき

持ち物:じゃくてんほけん

ステータス:167-171-222-170-170-??

技:シャドーボール/せいなるつるぎ/かげうち/キングシールド

グロス受けということで、交代読みにも対応できるようにHBにした。弱点を突かれても物理アタッカーは返り討ちにできるので扱いやすかった。ブレード状態でも一部の技は耐えることができたので、択ゲーを減らすことができた。この型は去年mtng氏に布教された。孵化余りももらった。感謝。

体感選出率3位

 

 

 

 

 

選出

多かった選出はレヒレホルード+1

アーゴヨンジャローダ、ゲンガー、メタグロスは危険なのでレヒレを出さずにホルードギルガルドから出していくこともあった

裏をホルードリザにすると初手陽気ステロランドでたいありなのは注意点

先発レヒレの場合、裏の2匹を出てくる可能性のあるポケモンに対応できるように選んだ。

 

 

 

 

結果

141戦89勝52敗

最高/最終レート2000

 

f:id:puraFLY:20180515130535j:image

 

 

そして総合100位でした

f:id:puraFLY:20180515130603j:image

 

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。もし読みにくかったならごめんなさい。S10もよろしくおねがいします。

 

 

 

 

 

 

余談

今回の構築ができるまでのお話

S8ではフライゴンリザードンホルードカプ・レヒレ+カプ・コケコ、カミツルギで組んでいました(構築経緯①②)。ウルガマンダが重かったのでカミツルギメタグロスへ変えました。その状態でレート1850で終了。S9になり、カバルドンカミツルギが重かったので、速いみがわりポリ2とオッカグヤを入れました。1800まではいけましたが、ミミロップジャローダメタグロスが重かったので、HBガルドを採用しました(構築経緯③)。また、対ウルガモス兼第2のメガ枠として、メガバクーダを採用しました。これで1900までいけました。メガバクーダは、実際の数値はやや物足りないですが選出誘導力があり、少し攻めた選出をすることもありました。しかし、全体的に素早さが低くなってしまいました。オニゴーリカビゴンジャローダグライオンにかなり苦戦しました。バクーダを使っていてメガ枠は炎2匹が良いと感じました。そして、ーグロスに隙を見せてはいけないー。何度も怯ませられました。メタグロスが動きやすい状態にしてはいけない。そんな条件を満たせるポケモン、いました。バシャーモですね(構築経緯④)。これで現在に至ります。まだまだ続きはあるかもしれません。

フライゴンはたくさん選出できたらよかったのですがそんなに甘くありませんでした。今回、このポケモンは地面タイプであるということが最大の役割だったと感じます。電気タイプに動きにくくさせるのは他のパーティメンバーにとって役に立ちました。

f:id:puraFLY:20180514222610j:image

この構築はラティアスが重いです。よって、フライゴンなら上から弱点を突くことができるので、重要な役割になってきます。ちなみにラティアス入りには1度も出せてないです。

あ、あとペンドラー地味にキツかったっス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♀がいねぇ)^o^(

S5使用構築

ボーマンダ@ボーマンダナイト、いじっぱりAS

おんがえし、みがわり、はねやすめ、りゅうのまい

 

カプ・レヒレ@カプZ、おくびょうHCS(最速)

ムーンフォース、しおみず、ちょうはつ、しぜんのいかり

 

ランドロス霊@こだわりスカーフ、いじっぱり

じしん、いわなだれ、はたきおとす、とんぼがえり

 

ギルガルド@きあいのタスキ、おっとりAC

シャドーボールせいなるつるぎ、めざめるパワー氷、かげうち

 

ボルトロス霊@とつげきチョッキ、おくびょうHCS(最速)

10まんボルト、めざめるパワー氷、きあいだまボルトチェンジ

 

バシャーモ@いのちのたま、いじっぱりAS

フレアドライブとびひざげり、じしん、まもる

 

 

最高レート1894

1800台は安定した

特別重いポケモンはいなかったけど勝てなかった

受けループには強かったので楽しかった

フライゴンは技を外さない

やあみんな 

ポケモントレーナーは言う。「じゃれつく外して負けた。」「膝芸人は解雇だ。」
もちろんこのような言葉を発しながらポケモンをする生活が好きな人もいるだろう。だが私は技を外して負けるのもポケモンに暴言を吐くのも嫌いだ。だから私はこのような"運負け"を防ぐ方法を考えた。その方法は、命中不安定な技を使わないことだ。とはいっても火力が足りない、他に技がないなどの理由で命中不安定技を全く使わないというのも厳しいと思う。そんな中で私がパーティを組むときに心がけていることは
メインウェポンは命中安定技にする
というものである。メインウェポンというのは主にタイプ一致技であり、ガブリアスのじしん、ニンフィアハイパーボイスなどを指す。こういったメインウェポンは何度も使う技であり、役割遂行のためにも確実に当てたい技である。もし仮にメインウェポンが命中不安定技だったら、例えばマリルリのじゃれつく、毎回10%で外れる恐怖を抱えながらボタンを押すことになる。そしていつか必ず外れる。そして外さなければ勝てたと言う。私はこの流れが嫌だ。どんなに愛でても、外れる技は外れるのであり、私のこのようなポケモンへの愛着は、技を外さないポケモンと比べたら湧きにくい。
だったらじゃれつくを使わなければいいのでは?と思う人もいるかもしれない。しかしマリルリにじゃれつくを覚えさせずに戦うことは私のような初心者には難しい。
以上の理由から、私は基本的にはメインウェポンが命中安定のポケモンを選んでパーティを組んでいる。フェアリータイプを使いたいときはムーンフォースに頼るし、ストーンエッジいわなだれに頼らなければならない岩タイプは極力入れない。
 
さて、雑談はここまでにしておいて、本題に入ろう。
 
 
見てください、
f:id:puraFLY:20170222002020j:image
僕の色違いフライゴンです。ORASから連れてきました。綺麗ですよね〜😄
国際孵化20匹くらいで生まれました。僕は選ばれしものだと思った。
 
 
f:id:puraFLY:20170222002607j:image
 
正直今期2000行けると思った。現実はそんなに甘くなかった。もちろんまだ諦めない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ん??バシャーモ??
 
 
 
 
 
 
 
 
強いポケモンですよね
f:id:puraFLY:20170222013100j:image
 

6世代総括というよりはただ個人的なこと振り返る日記になっちゃったてへぺろ

レート終わったようなので振り返りでもしようかなと

 
 
[シーズン1]
f:id:puraFLY:20161101204248p:imagef:id:puraFLY:20161101204318p:image
前作のポケモンが使えない世界
ゼロからのスタート(加速アチャモでイージーモード)
3Vのメタモンとかで頑張って厳選してた
バシャーモとかウインディメインで戦ってた
レートは1600乗るくらいだった
 
 
[シーズン2]
f:id:puraFLY:20161101204637g:imagef:id:puraFLY:20161101204656p:image
前作のポケモンが解禁され、げきりんを覚えたスカーフフライゴンを使えるようになった
他にもいろいろ連れてきた
高火力とそこそこ耐久があるメガバシャーモを使うようになった
フライバシャの始まりである
レートは1838
 
 
[シーズン3]
f:id:puraFLY:20161101205250g:imagef:id:puraFLY:20161101205303p:imagef:id:puraFLY:20161101205325p:imagef:id:puraFLY:20161101205558g:image
ロトムが入りフライバシャミトムに
メガサーナイトを入れたことによりバシャーモはAS珠に
レートは1989までいった
そこから負け込んだ
雑魚かった
 
 
[シーズン4〜6]
高3になり前から封印はしてたが受験勉強のためさらに封印するように
とか言いながら記録を見る限り地味にやってたらしい
覚えてないけど1800乗ってるときあってなんだこれってなった
 
[シーズン7]
f:id:puraFLY:20161101210123g:image
ORAS発売
本当に辛かった
ホウエンからポケモンにハマって待ちに待ったホウエンリメイクができない
松岡修造の動画に励ましてもらってた
ホウエンに帰るぞという意気込みで生きてた
実はこれで良かったのかもしれない
 
 
[シーズン8]
f:id:puraFLY:20161101210904g:image
ついにホウエンに帰ってきた
早速夏休みに考えてたどくみがマンダ育てたりいろいろした
よく覚えてないけどレートは30分で良個体が出たライコウとスカガブと特殊ガルーラで1950くらいだった
ウルガモスが辛いけどこのパーティなら相手は選出できないだろうと満足げに考えてたのを覚えてる
 
[シーズン9]
f:id:puraFLY:20161101211929g:imagef:id:puraFLY:20161101211942g:imagef:id:puraFLY:20161101211959p:image
フライマンダ
この2匹好きだったから組んだ
ついでにジバコも入れることでベスト3を入れたということになった
レートは1850までいけた
いい構築ができてたと思う
マンムーはやめてください
 
 

[シーズン10、11]

スランプ
フライマンダと言いながら適当にいろいろやってたと思う
ボルトが増えてマンダが動きにくくなったとかマンムー増えて壊滅とかあったような
1800いってないことはわかってる
 
[シーズン12]
f:id:puraFLY:20161101213849g:imagef:id:puraFLY:20161101213912g:image
フライゴン使いに流行り(?)のフライクチートを使ってみた
といってもじゃれつく外すポケモンは好きになれないから剣舞なしのアイへマン
クレセと紫のヘラクロス♀を入れた
久々に1800に乗れた
 
[シーズン13]
f:id:puraFLY:20161101214051g:imagef:id:puraFLY:20161101214201g:image
ここにきて初めてゲンガーを扱えた
CSだけど
フルアタ
このときからフライゴンにタスキを持たせるようになった
久々の1900
 
 
[シーズン14]
f:id:puraFLY:20161101214603g:image
マンダ
1900まではいけたけどそこから勝てなかった
 
[シーズン15]
f:id:puraFLY:20161101215115g:image
シーズン13と似たようなことして頑張ろうとしたけど駄目だったようだ
 
[シーズン16]
f:id:puraFLY:20161101215236g:imagef:id:puraFLY:20161101215257p:image
フライバシャに戻ってきた
やっぱりバシャは強い
 
[シーズン17]
f:id:puraFLY:20161101215431g:image
 
ガルーラ強すぎでしょwww
と自分で使ってて思えたのは初めてな最終シーズン
やっと2000達成できた…
2000チャレンジだけフライゴン入れるとかいうことやったからフライゴン入り2000に(違う
 
[シーズン18]
f:id:puraFLY:20161101220329j:image
神無杯にハマってた
 
レートはフライバシャでパッとしない感じ
何かから逃げていたような感じがある
 
 
 
 
 
 
ポケモンを楽しませてくれたみなさんありがとうございました
サンムーンでもよろしくお願いします

神無杯 感想 【準優勝】

神無杯というMECのルールを基にしたドラフト制の大会に出場し、準優勝できました🎉

僕が獲得したポケモンはこちら↓
f:id:puraFLY:20161018085138j:image
このパートナーズはレートのトップメタのような特別強いポケモンはいませんが、5匹ともポテンシャルの高いポケモンだと思います。ポケモンの型が基本的には1パターンか2パターンしかないので、選出画面で相手に与える影響を考えやすかったのかもしれません。よくわかりません。ちなみに最初はえぴおんに教えてもらいこんなパーティにする予定でした。
マンムー(2200万PP)
ナットレイ(2000万PP)
⑤カイリキー(1500万PP)
ライボルト(1300万PP)


1回目はリザードンを選択したが抽選負け、2回目はガブリアスを選択したが抽選負け、ということでARMに勧められたヘルガーを選択。使ったことない()選出したのは1回のみで、メガシンカ型を1匹しか育成しただけだが、メガシンカ枠で、悪炎という独特なタイプなので相手に与える影響は大きいだろうということで選出画面には毎回連れて行った。多分活躍した。ARMありがとう。

2巡目は人少ないし取れるだろってことでマンムー選択したら掛けPPで負けた()ってことで僕がフライゴン最低金額で取ったからこの大会の参加者は自由枠にフライゴンを使えなくなった。ガブリアスにもマンムーにも手を出そうとしたのに2巡目で取ることになるとは思わなかった。優秀なタイプであり周りも中堅ポケが多かったので楽しく戦えた。Sが高めだから4倍弱点もそこまで気にならず扱いやすかった。2on2以外は全部選出してた。

カイリキー
何取るべきか思いつかなかったから適当に気に入ってたポケモン選んだ()パートナーズの中で1番育てたポケモン。火力があり爆裂パンチの混乱や根性、持ち物はタスキ、半減きのみなどいろいろできて優秀だった。

ラッキー
受けループが苦手だったから満額で取った()最初はそれくらいしか考えてなかったがこの選択は良かった気がする。選出は1回もしなかったが、特殊アタッカーに圧力をかけるために連れて行ったり、むらっけオニゴーリのサポートをすることが多分できるポケモンだったので、役に立ったと思う。

メガシンカリストから残ってるポケモン探して選択。最後にいいポケモンを取ったと思った。メガシンカできるからヘルガー以外のメガシンカの選択肢を考えさせられるし、むらっけは(多分)警戒されるので選出でむらっけとしての圧力もかけながらメガシンカや精神力などのアタッカーを使えた。大爆発でとんでもない火力出せるのもすごいと思う。2on2でしかしなかったけど。ちなみにむらっけ型は1回も使ってない()
いい選択とか思ってたけど格闘一貫してるしローブシン重すぎた/(^o^)\



ローブシンに苦しみながらもなんとか上位トーナメントへ
追加パートナーズには格闘の一貫を切るためフーディンを選んだ。
またまたメガシンカ。技のバリエーションがある、と言いたいのだが10まんボルト覚えなかった(´・_・`)


戦い方…相手のパーティから出てきそうなポケモンを考えて、こちらは選出をある程度決めてそれらのポケモンに勝てるように調整した。残りのポケモンと自由枠には、相手が出さなそう・出てきてほしくないポケモンの選出をさらに抑制できそうなポケモンを入れた。




メタの張り合いが意外と楽しく、CASや動画などを上げる方もいてすごく楽しい時間を過ごせました(╹◡╹)(決勝の4メガパーティは最高に楽しかった。)みなさんありがとうございましたm(__)mそりでわ、無限に練りをしまつ
ぽやしみ〜